私の心臓は、私の細胞で治す。心不全治療に、自分の細胞を用いた細胞シート移植

監修: 大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座
心臓血管外科学

教授 澤 芳樹 先生

『心筋シート術』とは、心不全の憎悪を繰り返す患者さんに対する治療法です。自分の細胞をシート状に培養し、心臓に直接貼り付けることで再生を促します。人工心臓や心臓移植治療の手前の段階での治療法として、すでに始まっています。

このサイトは、心不全の患者さんとご家族を対象としています。
掲載された情報は、あくまで一般的な解釈に基づいており、
特定の手技等を推奨するものではありません。
ご自身の診断および治療方法については、必ず医師とご相談ください。

テルモ・心不全ダイヤル フリーダイヤル 0120-07-8103(平日9:00〜17:45受付)
ページの先頭へ